あ。

あ、ようやくログインできた。
なぜか、数日前からログインできなかったんですよね。
うん、これで更新できますね。
(メモだけあるので日付け超えて適当に更新していきます)
・・・・・・・・・・・・・・・・・
知ってる街が津波に飲み込まれて、あり得ない光景がTVから流れてる。
東日本大震災。阪神大震災を経験した私にとっては、
1月17日同様、3月11日はまた忘れられない日になりました。
被害に遭われた方はなんて言葉をかけていいのか、今もわかりません。
たとえば、気仙沼っていい意味で「村」なんです。大きな街ではないから、
みんなお互いに顔を知っていて、明るくなったら起きて暗くなったら寝る
という人として、ごく自然な素晴らしい生活を営んでいる街なんです。
本当に食もおいしい。景観もいい。
何もないかもしれないけど人が本当に温かくてね。
喧騒にまみれた自分を洗い落としてくれる、
本当にいい、大好きな街なんですよ。
私は何回も行ったし、結構歩いたし、地理も把握してる。
だけどね。
あの知ってる日常の風景が、もう、日常じゃなくなってる。
見たときはね、ちょっと意味がわからなかったです。
仙台の街もそうです。まるで映画のように家が車が流されていく。
え、え、え・・・・・その映像に固まってしまいました。
「数百の異体がある模様」ニュースでしかそう報じられない。
でも、そこが地獄絵図のようだと、だから映せないんだ、
と容易に想像ができてしまいます。
連絡の取れなかった友人と連絡がとれて、本当によかった!
って言葉ではいえてもね、たとえ知り合いは無事でも、知り合いの知り合いは
どうなのかわからない。そんな事を考えてしまうと、被害に遭われた方に
「よかったね!」なんて軽々しくは本当はいえない。
もうね、知り合いだけのレベルで考えられないんですよ。
色々な事を考えて、考えて、心配して、悩んで。
もう頭の中はくちゃくちゃ。
この1週間は何をやってるだろう、という気になりました。
今も言葉はみつかりません。
正直、今もかなりこたえてます。
でも、私がそんな事考えても、何も始まらないんですよね。
今も現地で頑張ってる人がいる。
被災地ではお互い助けあって避難してる人がいる。
関東ではガソリンスタンドやスーパーに殺到してる「あさましい」人
達がいます。明らかに備蓄+αな買い物をしている人がいる。
その人たちはどうして現地の事、考えられないのでしょうか?
自分だけがよければそれでいいのでしょうか?
そんな人たちは本当に一度気仙沼のような街に触れればいい。
人はね、一人じゃ生きていけないんだから。
私はやれる事やります。この件で目が覚めた部分もあります。
みんなに力を与えられるようなたいした人間ではありませんが、
ひとつでもやれる事をやって役に立てればいいな、っておもいます。
ひとつだけ約束します。
いつか復興した気仙沼にまた行きます。
陸前高田も南三陸も回ります。
今義援金は必要です。物資も燃料も足りてない。でも何年かして
落ち着いた街にいく事は私達ができる「貢献」のひとつじゃないですか?
すばらしい料理、空気、人、景色。
東北でしか感じられないモノが本当にあります。
行ったことがない人は一度でいいから訪れてほしい。
無責任なことはいいたくないですが、きっとまた素敵な街を
復興してくれると信じてます。
人は強い。そう信じてます。


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA