ドローとその後の展開大予想!

チャンピオンズリーグ準々決勝の組み合わせが決まった。
バルセロナ対ベンフィカ
ベンフィカは攻撃という意味においては非常に強いチームです。日本では報道されないからあんまし目立たないけど。
楽勝っていう人がいたら、間違いなくその人は全く「意味」が分かってない人です。監督のクーマンやシモン・ジオバンニはいわずと知れた元バルサの選手でした。今年の補強でさらに強いチームに変貌しましたからね。ミッコリとかいい選手だし、クーマンの采配も結構当たってます。
しかしながら当たり前のようにバルサが勝ちます。
いや、勝って下さい、お願いします。
なにせ、考えてみたら、「クラシコ」間に入ってるんで、精神的にきついのよ。
そして勝つと準決勝ではミラン対リヨンの勝者になります。
クオーターファイナル屈指の好カードです。
ミランが勝つでしょう。リヨンは大好きなチームなんですが、
バルサ対ミラン。 
「忘れ物」第2弾です。時代は違いますが、勝ってあの「屈辱」を晴らして決勝に進みましょう。そのためにもミランに勝っていただきたい。
そして、ユベントス対アーセナル。
あーアーセナル応援したい。でも冷静に考えるとユーべ。まじ強いもん。
最後に、ビジャレアル対インテル・アヤックスの勝者
これはインテルでしょうね(おい)。
で、ユーべ対インテルの「イタリアダービー」。
結果は大方の予想はユベントスでしょうが、ここはインテルが勝っちゃったら、どうにも面白いわけです(もう予想ではなく願望?)。トーナメントではUPSET(と言ったら失礼ですが)が充分にありえます。
Finalはバルサ対インテル。
この試合面白そうじゃないですか。昔から共通項もあるし。
ここも因縁に「けり」をつけましょう。そして、くれぐれも「豚の頭」を”あいつ”に投げないように!(笑
もっと言うと魔術師エレーラとスアレスという後に「グランデ・インテル」を形成した2人の前チームはFCバルセロナであったという因縁もあったりします。
という事で、結果パリで新しいビッグイヤーを掲げるのは
FCバルセロナ
です。(結局これを言いたい) 
しかし、ここまで来るのには、路は険しく果てしない。
チャンピオンズリーグとは本当に難しい大会だ。


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA