天才。

マイケルは私にとっていつだって太陽のような存在であり続けている。

でも音楽の素晴らしさ、複雑さ、彩り、サプライズ、そして何よりも自由なものである事を
教えて貰ったのは実はプリンスだったと思っている。

天才としか言いようのないその存在は、同時に音楽の難しさも教えてくれた。
ビジネスや手法の斬新さ(良くも悪くも)は彼にしかなし得ないものだったから。

気付けばずっと横に彼の音楽はあり続けた。

もちろんこれからも。

ba