渡辺等 LIVE 「Endless Summer」

9月1日は南青山マンダラでの渡辺等さんのライヴを久々に見に行った。ここには書いてませんが、かなりの頻度でライヴに行っております。はい。
等さん単独のライヴは1年半ぶり?ぐらいかな、久しぶりでした。
桑野聖さんがヴァイオリン(桑野聖Siringsで色々やってますね)で、パーカッション&ドラムは仙波道彦さん(師匠)、ベースはCHIKARAさんという布陣。
そして、等さんはソロではベースではなく12弦フレットレスギターで。
あいかわらず、12弦フレットレスギターの音色は独特で心地よいです。終わりゆく夏を終わらない夏に返るかのような雰囲気でした。
で、仙波師匠のパーカッションはあいかわらず最高ですね。いや、あのパーカッションを生で間近で見れるのは贅沢です。知らない人は調べてみて下さい。御大とも言うべき人ですね、この方こそ。
桑野さんはあいかわらず、風貌がROCKってます(って思ってたら、ROCKBANDを江川ほーじんさんたちと組んだとか言っててなるほど。)。CHIKARAさんは非常に楽しそうに(これは全員そうですが)、演奏されてるのが印象的。アップライトベースがお似合いの方です。そういや、一本君(なおとくんとていほうくん)が見に来てましたね。
で、今回のゲスト。羽毛田丈史氏。
あえて説明しません(笑ので、調べてください。
地球に乾杯や文明の道で使用された曲、それと等さんの曲2曲、あとアンコールのビートルズのノルウェーの森の5曲を弾いてました。
羽毛田さん、等さんにしゃべりすぎっていっときながら、自分も話長い、長い。いや、長すぎる(笑。ここまで饒舌にしゃべるのも久々に見たなぁ。
地球に乾杯は不思議なアレンジで、等さんメインのライヴだとこうなるのか、という感じ。なかなか面白いアレンジでした。これがライヴですよ。
等さんの曲は自分の曲ではないので(というわけではないにしろ)、プレイヤーとして非常に楽しんでる感じはしましたね。途中の曲、かなりノってました。
あとで聞いたらimage以来のライヴで、こういうライヴハウスは今年初めて?なので、何か緊張したよ、疲れたけど楽しかったって言ってました。
等さんは言うまでもなく、長年ミュージシャンとして活動されている方のライヴ本当に味があって、音楽とはこういうものだよ、って提示してくれるような楽しさがあります。こういうライヴも本当にいいですよ。
お勧めです。


2 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください