絶対に出せない

20081122061813
20081122061811
この色は絶対に人工的には出せないものだ。
刻々と映り写り行く
移り変わりは刹那のような虚ろな儚さと
始まりを告げる明るさが同居しているかのようだ。
人が決して創りだせない芸術。
自然という名の美しさ。
もちろん写真にも網膜に写りゆく景色もきっと正確には出せてないのかもしれない。
だからこそ人はこういう瞬間に惹かれるのだろう。



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA