京都の名物店舗がまた一件・・・

ビーバーレコード完全閉店!
ちょっと衝撃でした。来年の1月12日にて完全閉店になるそうです。
このお店には大学時代、本当にお世話になりました。
いち早く、店舗注文書に載った情報がインホメというインフォメーション冊子に載り、
ユーザーに配られたり、メーカーとのつながりが本当にあって、
特典がこれでもか!とたくさんついたりしました。
私、今もポスターコレクター的に何百枚も告知ポスターが家にあるんですけど、
これってビーバーで貰ったりしたものも多いです。
ここの情報や活気はとても音楽業界が元気な時代にあって、京都では名物店舗だったと想います。
WEB上での情報もインホメ同様、結構早かったんですよ。
いわば、ユーザーにとっては相当な情報発信源でした。
ただ、正直、店舗統合→移転してからは本当に場所が悪くなったと思うし、棚とかも見難く雑然となってしまって昔ながらの魅力ってなくなってしまってました。少しアングラ的になってしまったような感じがしていたんですね。
なので、ここに来るのも本当に久しぶりだったのです。
前の場所はスーパーホテルになっていて、久しぶりに来たら完全閉店のお知らせ
・・・なんか切ないですね。
昔のよかった思い出がたくさんよみがえります。
上田さんとか元気なんですかね・・・
でも、これも時代の流れ、なのでしょう・・・1971年かららしいので、37年。本当に残念です。
音楽業界、来年はみんなで盛り上げましょうよ、ホントにね。
ちょうど今日から、ほぼ店内全品50%OFFで販売されています。在庫処分、という事ですね。
私はケミストリーのベスト(初回盤)とスキマスイッチのライヴベスト(初回盤)を買いましたが、
これでも一枚分の値段ですからね。
関西の人は電車賃使ってもお買い得だと想いますよ。
で、京都観光すれば二倍お得。
今日はあまり衝撃で、20分ぐらいしか居れなかったし、
じっくり見れなかったので、 閉店する前にもう一度よってみようかな。
それ程、思い入れのある店舗でした。
こういう地方の名物レコード屋(CDSHOP)がまた一つなくなるっていうのはとても残念でなりません。
それしかいえないですね。


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA