リツイート、RT、QTの違いってなにさ?

リツイート、RT、QTの違いって何?
未だにTL(タイムライン)上や色々な所で見受けられるこの話題。ちょっと答えてみたものの、140文字の連投ではいまいちどうも伝わったような気がしない。なので、ちょっとまとめてみようと思う。
RT、リツイートはそもそもRe-Tweet、再度つぶやくって意味ですね。
RTは公式的なルールではなくユーザー間のルールで、このつぶやきいいね!引用しよう、転送して紹介しよう、という事で便利で一般的ルールとして広まりました。
でも、そのうちRT、RTと重ねていくとじゃあ、元々そのつぶやきをした人は誰?というのが特定できなくなるし、改変もできるため、本来のつぶやきとは意味の違うものが一人歩きして変化していく事にもなりました(それはそれで面白いけれど)。
それはRetweetではないよね。引用したものにコメントつけたつぶやきは区別されるべきだ、という考え方で出てきたのがQTです。QTはQuote Tweetで引用したつぶやき、でしょうか。
どちらもその違いはありません。言葉が違うだけで本質的なものは一緒。それに元々がユーザー間のルールつまり俺様ルールが一般的に使われだしたので、この区別を強要される覚えも言われもありません(笑。そんな人がいたら、軽く無視しましょう(うそ。あ、でも実際いました(笑。ありえない。
そういう話題が起こっているうちに、公式にもRT機能を、という要望がずっとあったのですが、少し遅れてtwitterが公式にリツイートという機能を付けました。
これは本来RTでユーザーが行おうとしていた事を実現したものです。
リツイートのボタンを押すとつぶやきを保護してそのまま転送する仕様です。(引用と転載は意味が違うので)こちらは転載と言ってもいいかもしれません。
また、自分のTLには載らずに自分をフォローしてくれている人(フォロワー)のTLには表示されます。リツイートされたものはアイコンが付、誰がリツイートしたのかもわかるようになってます。逆に言えばフォローしている人がリツイートしたものを自分のTLで観る事ができるようになりました。
実際見ていくと普通のRTでは広がらなかった世界を感じると思います。
自分がフォローしていない人のよい意見、うまいと思うつぶやきは興味深いですし、
こんな人もツイッターしているんだ、と知る事が結構あります。
自分もリツイートする事で他の人に紹介しているわけですから、それで世界がさらに広がりますよね。
つぶやきによってお互いがお互いを支えていくtwitterのいい所が出ていると思います。
リツイートは転送されるだけでコメントができません、ただ紹介するのみです。
ですから、従来のRTとリツイートはうまく使い分けをしたほうがいいですね。
このつぶやきはみんなに紹介したい、という時には公式のリツイートでみんなに広める。それに対してユーザー間でやりとりをする時、そのつぶやきに独自にコメント入れたい時等には従来のRTを使用する、みたいな感じで。
これは感覚的なものなので、知らないうちに使い分けをしているのが普通じゃないかと思いますが。
とまぁ、こんな感じでリツイートとRT、QTの違いをざくっと書いてみましたが、いかがでしょうか?それでもルールを気にせずゆるくつぶやいた事によって他者との結びつきも強くなったり世界が広がるのがツイッターのいい所ですから、ゆるーく続ければいいんじゃないかな、と思いますけどね。
(追記)今日TL見ていたらちょうどタイムリーなつぶやきがあって、本来の意味でのRTはリツイートでしたが、ユーザー間のルール的な流れによって、本来想定していたRTがRTでなくなったと判断したため(本来つぶやいた人の阻害になりかねない)にリツイートという機能をつけた、との事です。



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA