武蔵野寄席


今輔さんも面白く喬太郎さんの「お節と徳三郎」はそのまま沈んでいくバージョンで余韻残しつつ。この噺一月で三人の噺聞いたけどみんな違ってそれぞれ定番のサゲじゃない所に深さを感じる。


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA