2日は。

2日は完全なる寝正月。
見事な寝正月。一歩も外に出てません。
ドラマばかりみてました。
いや、こういうのも珍しいです。
新参者 眠りの森は面白かったです。
新参者がついてるけど随分前の原作ですけどね(これは加賀シリーズ2作目)
正直、原作の方がよかったです。終わり方がね。
でも原作と違うのはテレビの時系列が新参者から
始まってるから仕方ないわけで(新参者は加賀シリーズ8作目)。
その分設定もキチンとかえてるし終わり方が違うのも仕方ない。
その辺は割り切って見なければいけないような気がします。
ガリレオだってそうだし。
大切なのは、テレビドラマとして成立してるかどうか。
そういう意味で面白かったのでまったく問題ないかと。
石原さとみさんはやはりよかったし、
音月桂さんの凛とした姿もカッコよかった。
最近は小説をよむ事自体少なくなりましたので、東野圭吾さんの小説は
多分もう読む事が少ないとは思いますが、彼の小説は映像に向いてるので
こうして見るのは本当に面白いです。
全部映像にしてくれれば読んだ気になるんですけどね(苦笑
加賀恭一郎シリーズは彼が事件を解決するだけではなく、
彼が彼の人生において自分の欠けたピースを探しているような
そんな人間くささに面白さがあるような気がしています。
特に新参者以降の作品はそう思ってます。最新作である「祈りの幕が下りる時」は
まだ読んでませんが、今日ドラマみて読んでみたいなと思いました(単純)
さて、明日からはもうちょい活動します。

眠りの森 (講談社文庫) 眠りの森 (講談社文庫)
(1992/04/03)
東野 圭吾

商品詳細を見る

祈りの幕が下りる時 祈りの幕が下りる時
(2013/09/13)
東野 圭吾

商品詳細を見る


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA