優雅な朝?

最近は早起きなんです。
4時半とか5時とか(笑
(だから、昨日もWBCとか別にあんまり興味ないけど見てたし。みんなネタがないのか
今の段階で騒ぎ過ぎな気がします)
なんかちゃんと3時ぐらいには寝てるんだけど、朝も早い。
いや、別に必要に応じて早く起きてるわけではないですが・・・(年ですか?)
なので夕方とか移動してると眠くなるときがあるんですよね・・・
本日もいい朝ですね。
おきてからHD整理したり、録画しておいたものを見たり、掃除や洗濯したり、ひとしきり
人として当たり前の事をしつつ(苦笑
さっきまではBill Evans「You must believe in spring」を聴きながら、仕事用の文章を、
今はコーヒー煎れて、RADWIMPSの「アルトコロニーの定理」聴きながら、勢いよく
書きかけの色々な文章(Not Work)をさくさくと。
あと、買った雑誌で読めてないものまとめたり(雑誌は基本移動中に読む)と本を読んだり。
もちろん漫画も読んだり(笑
なんとなく優雅な朝。
RADは相当いいですね。何度も聴けるアルバムですし、勢いの中にある詩と、リズムの中にある韻が
ケミストリーによって心に広がっていく感じ。メロディーが素晴らしいからこそ映える「生」を感じます。
確かにRADらしい、という曲も多いですが、それはパターンとして固まっていったものではなく、「野田洋次郎」の個性がひとえに創造し破壊し再構築される過程を経てRADWIMPSとして昇華し、存在したからこそ
こうなったんじゃないかと想うわけです。
美しいだけでは、聴きやすいから、だけでは人は惹かれない。
ここには直接的なものもあれば、俯瞰してみているものも皮肉も色々な思考が混じりあっています。
そう、それは人としての生。感情。混沌とした世界だからこそ、みんな惹かれているのかもしれませんけどね。
相当いいアルバムです。
さて、風呂にでも入って打ち合わせに出ます。
いい天気だとなんとなく心も軽いですね。
では。

アルトコロニーの定理 アルトコロニーの定理
RADWIMPS

EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) 2009-03-11
売り上げランキング : 18

Amazonで詳しく見る by G-Tools



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA