アンドレア・ボチェッリ

今年のチャンピオンズリーグのオープニングを飾り、アンセムに
新しい風を吹き込んだのは、アンドレア・ボチェッリ。
現在イタリアを代表するアーティストであり、私的にも3大テノール以外で最も好きなテノール
だったので、とても嬉しかったです。
サラ・ブライトマンとの「タイム・トゥ・セイ・グッバイ)」で有名になった(と思いますが)ので、
彼の声を聴いた事ある人も多いと思います。
サッカー中の事故で失明してしまった彼が、このCLのファイナルの舞台で歌っているのは
なんとも感慨深いです。(とはいえ彼はトリノオリンピックの閉会式など全世界に向けて
何度も歌ってますが)
「1992年、イタリアのロック・スター=ズッケロが、3大テナーとして知られる偉大なテノール歌手、ルチアーノ・パヴァロッティのデモ・テープ制作をアシストするアーティストを探していたところ、当時ピアノ・バーで弾いていたボチェッリに目を止める。ズッケロの紹介で1993年、イタリアのレコード会社、シュガー・レーベルと契約、1994年デビューを果たす。」(ユニバーサル公式より)
とあります。
ズッケロとパヴァロッティ。
一方はロックだし、片方はクラシカル。しかしながら、彼らはジャンルを超越した「クロスオーバー」な存在でもあります。(ズッケロはマイルス・デイビスとも共演してますしね。その1曲聴く為にCD買ったしね(笑)
彼らに見出されたボチェッリもまた「クロスオーバー」。
クラシカルなアルバムだけではなく、POPSのアルバムもリリースしています。
(一口にPOPSというのはちょっと憚れるぐらい美しい作品)
彼の声はとても力強く、清々しい。
曇りの無いその声は明瞭であり、甘く、優しい。
心地よいという当たり障りのない言葉では表現できない、心に響く声です。
それはチャンピオンズリーグを観た人もわかってもらえるかと思います。
是非、一度聞いてみてください。

タイム・トゥ・セイ・グッバイ~ボチェッリ・スーパー・ベスト(限定盤)(DVD付) タイム・トゥ・セイ・グッバイ~ボチェッリ・スーパー・ベスト(限定盤)(DVD付)
ラン・ラン ケニー・G

UNIVERSAL CLASSICS(P)(M) 2008-03-19
売り上げランキング : 8727

Amazonで詳しく見る by G-Tools


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA