1/24 藍坊主@タワー横浜

今日は横浜へ。用事が終わってタワーレコード横浜店に寄ると
19時から藍坊主のインストアだという事なので観てきました。

本日はVo.hozzyとG.田中ユウイチ二人でのアコースティックver.

1曲目は”多分藍坊主の代表的な曲”という紹介で「星のすみか」からスタート。

アニメ「TIGER & BUNNY」のEDであったこの曲。知ってる人も多いと思います。
でも本人たちは”ライヴでは最近やってないけど結構この曲有名らしいよ(笑)”と
まるで他人事のような言い回し。それは過去ではなく今やりたい事とその先を
意識して活動しているという側面もあるので潔いのかなと思います
(そこまで考えてないのかもしれませんが(笑)

今日のライヴはアコースティックという事でこの曲もテンポやキーを落として
しっとりとどっしりとストレートに歌とギターを聴かせた現在進行形の藍坊主を感じました。

横浜の思い出や藍坊主を組んだきっかけとなった横浜主催のフェスの話
(その時は準優勝で、違う年の優勝はRADWIMPSだったそうです)を交えつつ、

2曲目は「トマト」。この曲はとても悲しい歌詞なのですが、アコースティックで聴くと
より歌詞の情景が伝わってきました。もちろん歌詞がいいと言われるバンドでしたが、
少し今までとは違う感覚。歌詞と音が密着してより一体となって聴こえるよう。
ちょっと失礼かもしれませんがキャリアを重ねてきた深みを経て辿り着く新たな扉を
開いたかのようなシンプルさと新鮮さを感じました。アコースティックの醍醐味も
ありますが、声と歌がそれをより感じさせてその世界にグッと惹きこんでいく様が
ただただ、素晴らしい。

3曲目は”この曲からアルバムが始まった”という「群青」。
アルバム1曲目でもあるこの曲はストレートに藍坊主らしさがつまっていて結構好きなんですよ。まるであの頃に戻れるかのよう。

本人達もぼそっと言ってましたけどこの曲はバンドで聴きたいですね。最後はアルバムのリード曲である「嘘みたいな奇跡を」をライヴで初披露。

全体を通してやっぱりhozzyの声や歌は感情を揺さぶりますね。
グッとよりリアルに伝わってきます。あと特に最後の曲で感じましたが
インストアでも彼の声の特性をよくわかってPAで声を作っていたなと思います。
これも大事な要素。より聴いているお客さんの心に届いたのではないでしょうか。

30分のインストアライヴでも濃密に音楽を楽しめる時間でした。
1月28日18時~タワーレコード新宿でもインストアがありますので是非そちらに
足を運びつつ、ライヴツアーをチェックしてみて下さい。
東京は3月11日新宿BLAZE。BLAZEと藍坊主の音の相性はよさそうなイメージがすぐに
湧いたので熱いライヴになるのではないでしょうか。

詳細はこちらのオフィシャルサイトをチェック

アルバム「木造の瞬間」は藍坊主が一周して戻ってきたような原点回帰のような感じです。
きっと藍坊主の事が好きな人はこんなにストレートに来たの?って思うかもしれません。
たくさんの時間と歴史を積み重ねた上でシンプルに今、
藍坊主はこういうバンドだと自らが提示したかのようです。
清々しい程のまっすぐな潔さ。余計なものを削ぎ落した美しさと力強さ。
聴く人の想像力を掻き立てるエネルギーを持った、素直に聴いてほしいアルバムです。

初回盤はhozzyがこのアルバムの完成に行きつくまでを書いたストーリーブック(長編!)がついてますのでチェックしてみて下さい。

えーっとレーベルの人。もしくは流通のタワーレコードさん。すぐにジャケットの画像を送って下さい。
素晴らしいジャケットなのに発売日に表示してないとかダメですよ(笑

 

 

藍坊主@タワーレコード横浜ビブレ店

セットリスト
1.星のすみか
2.トマト
3.群青
4.嘘みたいな奇跡を