倉木麻衣 東京国際フォーラムA

某「暫く」というブログをやっている人と数年ぶりに再会した倉木麻衣さんのLIVEに行って来ました。
あと情報の人にもお会いしましたね(爆)この絵面おもしろい(うそ)
彼女のLIVEは武道館以来なのでもう2,3年ぶりですね。
まぁ、すみません、めちゃくちゃファンじゃないので、絶賛は出来ませんが、好感はすごくできるんですね、彼女。
色んな意味で真剣だし、歌はある種作りこんだCDよりもライヴのほうがストレートに聞こえるしね。まぁ、ベスト盤聴いてもいない人間ですが、ほぼ知ってる曲で、改めてあぁ何気なしでも聴いてんだ、と再認識しました。
で、バックの演奏が急にがらっとイキイキしてるシーンが出てきてなんだ?と思ったら、マイケルジャクソンの「Black or White」のカバーは自分たちの持ち歌らしい。どうでもいいけど、そこでイキイキとした「音」にかわんなよ~と思ってしまいましたね。全部集中して演奏はしているんだろうけど、自分たちのやりたい音楽と倉木麻衣のバックバンドとのギャップありすぎ、ってのが苦言。
全体的に観客のみなさんも盛り上がってましたね。
で、びっくりしたのが終って1時間ぐらいした後ですかね、出待ちしたファンへの挨拶みたいなものをやったんですよ(もし、これまずけりゃ言って下さい、削除します)。マネージャー?が出てきて倉木さんも出てきてありがとうございましたコメントをすごく近い所でされてました。
あぁ、この子は色んな意味でしっかりしてるし、客観的に外から見えるのと同じように性格的にもちゃんとしてるんだ、どっかの誰かとは全く違うなぁ、偉い!と素直に思ってしまいました。もちろん、やらされているのかも知れないけれど、各地でやっているようだし、ファンもちゃんと節度を守っているようだったし、全部が全部ひっくるめて彼女の人間性とライヴ感がそこあったように感じました。そこには好感というものしかなかったですね。
正直、売れてないわけじゃないから、いつまでもやるものではないと思いますが、ベスト盤がミリオンなのに、ファンクラブが35000番代(なおかつ、辞めた人もいるだろうから、おそらく20000いるかいないかでしょう)っていうのは、少し少ないように思います。そういう意味でも、ファンに触れ合う為にもいい事だとは思います。
やっぱり、ファンの事をちゃんと思ってあげられるアーティストって愛されるし、ずっと応援されると思うんですね。それはすごい思うし、本当に感じます
とにかく頑張って欲しいですね。そう思います。


4 Comments

  1. SECRET: 0
    PASS:
    倉木さんに関しては、ある種お客さんと彼女との一体感でもって、お互いがお互いを刺激しあって「会場を作りあげる」王道のLIVEができる人だと思うので、それを突き進んで欲しいなとは思いますが。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA